お墓の引っ越し/墓じまい

【お墓の引っ越し(改葬)】

お墓に埋葬した遺体または埋蔵・収蔵した遺骨の全部をほかのお墓に移すことを「改葬」といいます。

こういった関連のルールを定めた法律を「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)」といいます。また、この法律を補うために「墓埋法施行規則」が定められており、地域の事情に応じて墓埋方法及び許認可条件の細目を定めるために、さらに、条例や細則が定められている場合もあります。

改 葬

墓埋法5条1項によれば、改葬を行おうとする者は、厚生労働省令に定めるところにより、市町村長の許可を受けなければならないと定めています。

そして墓埋法施行規則2条1項では、上記の許可を受けるためには、以下の事項を記載した申請書を遺骨が埋葬されているお寺のある場所の市区町村に提出しなければなりません。(遺骨の数分、申請書は必要です)

改葬許可申請書記載事項

  1. 死亡者の本籍、住所、氏名及び性別
  2. 死亡年月日
  3. 埋葬又は改葬の場所
  4. 埋葬又は火葬の年月日
  5. 改葬の理由
  6. 改葬の場所
  7. 申請者の住所、氏名、死亡者との続柄及び墓地使用者又は焼骨収蔵委託者との関係

添付資料

  1. 墓地又は納骨堂の管理者の作成した埋葬若しくは埋蔵又は収蔵の事実を証明する書面
  2. 墓地使用者等以外の者にあっては、墓地使用者等の改葬についての承諾書又はこれに対抗できる裁判の謄本
  3. その他市町村長が特に必要と認める書類

通常、申請書には遺骨を新しく移す場所を記載しなければならないため、予めお墓などを用意をして、その墓地の管理者等から使用許可証や受入証明書などの発行を受けて置き、改葬許可申請を行うときに、これらの書類も一緒に添付することになります。

また、墓地から遺骨を取り出す以上、まずは、遺骨が埋葬されている墓地の管理者に相談をして、しかっりとこれからの流れの打合せを取り決めておかなければ、いろいろトラブルになることも予想されます。余談ですが、このとき寺院からの改葬の場合、離檀料を請求される場合もあります。霊園の場合は、そのようなことはないみたいですが。

改葬許可取得後

改葬許可を取得できたら役場での手続きは終わりです。

ここからの流れとしては、現在、使用している墓地又は納骨堂から遺骨を引き取り新たに使用する墓地・納骨堂へ改葬許可証を提出して遺骨を納めます。

 

<参考>改葬費用

あくまでも平均ですが、200万~300万円くらいの予算は必要のようです。

  • 離檀料(寺院の檀家をやめる時に支払う料金)0円~数十万円ここに閉眼法要が含まれる場合もある。
  • 墓石の解体撤去費用 1㎡20~40万円
  • 墓石の運搬費用(新しい墓地で、前の墓石を利用する場合)5~10万円とも15~20万円いろいろですが、石材店に頼む方がお得のケースがあるようです。
  • 新しいお墓の費用(永代使用料+墓石工事一式)120~300万円石材店によっては、墓石を再利用するより安くなる場合もあるみたいです。
  • 供養・法要の費用(閉眼法要、開眼法要)3~5万円 お布施なのではっきりしません。