車庫証明申請に関するご案内

自動車保管場所(車庫)証明申請書

自認書・使用承諾証明書

保管場所の所在図・配置図

1.保管場所証明の手続きが必要になる場合

  • 新車の登録自動車を購入する場合(新規登録)
  • 中古の登録自動車を購入する場合(移転登録)
  • 登録自動車を所持する使用者が住所を移転した場合(変更登録)
※移転及び変更登録については、使用の本拠の位置の変更を伴う場合に限ります。
※車庫証明を取らなければ、陸運支局で自動車の登録をすることはできません。
ただし、東秩父村の他、旧大滝村、旧両神村、旧荒川村、旧神泉村、旧都幾川村、
旧玉川村、旧名栗村に使用の本拠がある場合には車庫証明は必要ありません。

2.申請に必要な書面(書類)

  • 自動車保管場所証明申請書(2通)
  • 保管場所標章交付申請書(2通)
  • 自認書(自分の土地を利用する場合)または使用承諾証明書(自分の土地以外の場所を使用する場合)
※駐車場賃貸借契約書(写)で契約によって保管場所使用承諾証明書の代わりとなる場合があります。ただし、保管場所の位置、契約期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限られていることや、申請する車と異なる車に対する契約ではないことなど、契約内容によっては申請する保管場所の使用権原が認められない場合もありますので、よく確認が必要です。また、契約が自動更新の場合は更新していることの証明する資料が必要です。
※使用期間については、申請日が試用期間内であり、かつ、申請日から最低でも1ヶ月以上の使用権限を有していることが必要になります。
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 申請者の住所等と自動車の仕様の本拠の位置が異なる場合、使用の本拠の位置の疎明する書面(運転免許証、公共料金の領収書、郵便物等)
  • 申請手数料 2,100円 (埼玉県収入証紙で納付)
  • 標章交付手数料 500円 (収入証紙は、警察署で購入できます)