代襲相続(だいしゅうそうぞく)

1.「代襲相続」とは

相続人なるべき者が相続開始時に死亡又はその他の事由により相続権を失っているとき、その者の直系卑属が、その者と同一順位で相続人となることを言います。

相続人となるべき者被代襲者

直系卑属代襲者

 

2.代襲相続の要件

1.被代襲者

代襲される者は、被相続人の及び兄弟姉妹です。

被相続人の直系尊属及び配偶者については、代襲相続は認められていません。

 

2.代襲者(代襲相続人)

(1)被代襲者が被相続人の子であるとき

この場合の代襲者は、被代襲者の子であり、かつ、被相続人の直系卑属(孫)でなければなりません。

上記の要件から、養子縁組前に生まれた養子の子は、養子を代襲して養親の相続人となることができません。

上記の代襲者についても、代襲原因が発生したときは、その子(ひ孫)がさらに代襲します。

例)父、子、孫、ひ孫といる場合で、子のみならず孫も死亡しているときは父の相続に際し、代襲者となるはずであった孫をさらにひ孫が代襲することができるんですね。これを再代襲と言います。

(2)被代襲者が被相続人の兄弟姉妹であるとき

この場合の代襲者は、被代襲者である兄弟姉妹の子(被相続人のおい・めい)に限られます。そして、もし、代襲者が死亡していても再代襲は、認められていません。なので、代襲は1回だけということになります。

 

3.代襲原因

代襲相続が開始するのは、被代襲者に次の3つの事由のどれかが生じた場合です。

※相続放棄が代襲原因にならないことに注意

  1. 相続開始以前の死亡・・・相続開始「以前」であるから、相続開始前に死亡していた場合だけではなく、被相続人と被代襲者とが同時に死亡した場合も代襲原因となります。
  2. 相続欠格・・・被代襲者が相続欠格事由のどれか一つにがいとうして、相続権を失った場合です。欠格事由の発生時期が相続開始後であっても、その効果は相続発生時に遡りますので、代襲相続は起こります。
  3. 排除・・・被相続人の生前行為又は、遺言によって被代襲者が排除され相続権を失った場合です。相続人が相続開始後の審判により排除されることはありますが、この場合にも遡及効がありますので、代襲相続は起こります。