供養に関して

【最近の葬儀事情】

核家族化・少子化の進行、また親族、近隣との関係の希薄化などが要因となり、葬儀規模が縮小にあります。以前、葬儀というと、遺族は弔問に訪れた方々への忙しい対応と接待、立派な祭壇、弔問の客数に比べて高額な葬儀費用、というのが一般的でしたが、昨今、家族葬と呼ばれる葬儀形態が増え、身内や親族、それに本当の仲の良かった友人だけでといった葬儀が増えてきました。

義理やお付き合いではない、本当に故人と最後のお別れをしたいという方だけで行う傾向が増えてきています。

【家族葬という選択】

家族葬の利点は、大方お見えになられる方の人数が把握できますので、料理や返礼品などの数が把握しやすいという点です。その為、人数により変動する料理や返礼品などの費用を概算で計算でき、葬儀費用が予想外にかかってしまったというケースが少なくなってきています。また、事前に葬儀の内容や費用について相談するといった方も増えてきているそうです。