葬儀に関すること

【お葬儀の種類】

儀式・告別式(一般葬・・・『葬儀式』は遺族やごく親しい知人が中心となって個人の冥福を祈り、魂を浄土に送るために行われる儀式です。宗教的な意味合いが強く、僧侶が読経を行うなど、しばしば宗教儀礼によって執り行われます。

一方、『告別式』は、遺族や友人・知人などが故人と最後のお別れをする社会的な式典とされています。

一般的な葬儀式・告別式を行う場合であっても、祭壇の飾り付けや流す音楽に工夫をしたり、ビデオや記念コーナーを設置するなどして、個人の個性を表現した形でお葬式を行うことはできます。

 

葬儀式・告別式とは?・・・本来、「葬儀式」と「告別式」は別物ですが、現在では、ひとつの流れの中で行われることが多いようです。また、近年では葬儀には行かずに「通夜」に会葬する方が多くなっています。

『家族葬・密葬』

一般的なお葬式の場合、お亡くなりの時から、お通夜、葬儀、告別式まで、慌ただしい中で過ぎて行ってしまうことが多いため、何も分からないうちに殆ど全てが終わってしまった・・・というご家族は多く、故人とのお別れをじっくり行う時間も殆ど無いのが現実です。

それに対し、「家族葬」は、故人と過ごす最後の時間を大切にしたいという遺族によって行われます。ごくごく親しい人だけで行うため、周囲を気にする必要もさほどなく、じっくりと個人とお別れをすることができます。

また、家族葬を親しい人だけで行い、その後改めて一般の参列者を招いてお葬儀を行う「密葬」という形をとる場合もあります。

多くの場合、葬儀の後に火葬を行いますが、火葬の後で行う地域もあります。これを「骨葬」呼びます。

 

『家族葬・密葬とは?』

家族葬」と「密葬」はどちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀です。

密葬」の場合、まず親族や親しい者だけで葬儀を行い、後日、一般の参列者を招いた本葬を行います。これに対して「家族葬」は単独で行う葬儀で、家族や親しい友人など少人数で行います。

 

『一日葬』

家族葬などとは異なり、通夜を行わず、葬儀・告別式のみを一日で行う葬儀です。ワンデーセレモニーという場合もあります。

親族を中心に、故人と関係の深かった方々で送ります。日数が少ないため、特に高齢の方など遺族の負担が軽くなるのが特長です。

 

『直葬』(火葬式)

葬儀・お葬式には法的な義務はありませんので、葬儀をしないことも可能です。ただし、葬儀をしない場合でも亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬(埋葬)許可証の取得、そして火葬を行う必要はあります。ですから、葬儀社への依頼が必要になり費用もかかります。

この場合、身内だけで火葬を行いますが、火葬時に僧侶にお経をあげて頂くこともできます。このような葬儀を「直葬」と呼びます。最近では、この形を選ぶ人が増えてきています。

直葬は経済的に葬儀を行う余裕がない方にとっても、残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義のある葬儀方法です。

しかし、葬儀に参加してお別れをしたかった親族や知人への対応には注意をしておく必要もあります。まず、葬儀を行わない(行わなかった)旨の連絡をし、理解を得ておくようにしましょう。また、火葬後に弔問(焼香)をさせて欲しいという連絡が来るかもしれないことも考慮しておきます。

簡単に済まそうと考えて直葬を選んだのに、逆に大変だったというケースもあります。

 

『直葬(火葬式)とは?』

直葬とは、葬儀をせず火葬のみを行うことを言います。亡くなった方が高齢で知人がほとんどいない。親族がほとんどいない。故人や喪家の信念、葬儀を行うことへの疑問などと様々な理由から直葬(火葬式)を選ばれる方がいます。