公正証書遺言に必要なもの

公正証書遺言を作成するに当たり、原則、公証役場まで赴かなければならないこと先に述べましたが、その前段階である公証人との打ち合わせにより、必要な資料を求められことにないRますので、その際には資料を追加でいるように準備をする必要があります。

1.遺言者の実印及び印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)

遺言者が本人か否かを確認するために必要になります。

2.相続人の戸籍謄本(戸籍記載事項証明書)及び住民票、受遺者の住民票など

遺言書を正確に作成し、紛争を防止するために必要になります。

3.各証人の住民票及び証人認印

通常は、弁護士、司法書士、行政書士等を介して、公正証書遺言を作成する場合が多いので、その場合は不要となります。また、公証役場で証人を依頼することもできます。その場合も3番は不要です。

4.不動産登記事項証明書(登記簿謄本)及び固定資産税評価証明書

遺産に不動産がある場合に必用になります。前者は、遺言書を正確に作成するため、後者は、公正証書遺言の作成手数料を算定するために必要になります。

5.預金通帳及び株券の写し等

遺産に預金や株券がある場合に必用になります。

6.法人登記事項証明書、代表者の印鑑証明書

受遺者が法人の場合に必用になります。

 

◇公証役場の手数料