遺留分

遺留分とは、

一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被相続人の生前処分または死因処分によって奪うことのできないものを言います。

つまり、被相続人の生前の財産処分や死亡後の遺言による財産分与によって、相続人の権利として奪うことのできない最低限の相続分が遺留分ということになります。

本来、被相続人が、その財産を生前にどのように処分し、または死亡後の帰属をどう定めようと自由なはずです。しかし、被相続人に依存していた者に対する生活保障や被相続人の財産の形成に貢献した者へ潜在的持分に配慮する必要などから、被相続人が自由に処分できる財産の割合に制約を設けています。