遺留分権利者

遺留分権利者は、被相続人の財産形成にどうのように関係しているか、扶養の関係はどうなっているかなどの観点から決められています。

したがって、遺留分権利者(遺留分を請求できる者)は限定されています。

すなわち、遺留分権利者は、

  1. 配偶者
  2. 子(子の代襲相続人を含む)
  3. 直系尊属

となります。

なお、兄弟姉妹には、遺留分は認められていません。

兄弟姉妹には、遺留分が認められていないことから、例えば、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になるような場合、遺言を遺すことによって好まざる法定相続人を排除することができます。つまり、遺言は、遺産分割のためだけに作るものではないと言えます。