遺留分減殺請求権

遺留分権利者が、実際に得た相続財産(積極財産)の額が、遺留分に達しない状態を遺留分の侵害といいます。

この場合、遺留分権利者は、遺留分に達するまでの財産を取り戻すため、財産の返還を請求することができます。

このことを、遺留分減殺請求権といいます。

また、遺留分減殺請求権については、必ず裁判上で、請求しなければならないものではありません。