遺留分算定の基準となる財産

遺留分を算定する基準となる相続財産全体の評価は、相続開始時の財産に1年以内の贈与財産や特別受益等を加算し、債務の全額を控除して求めます。

財産の価額は、それぞれ相続開始時の時価で計算します。