遺言の執行

遺言事項によっては相続人以外で遺言執行者(相続を執行するひと)が必要な場合も出てきます。すなわち、遺言の執行には、この認知や相続人の廃除など、必ず遺言執行者が行わなければならないものと、相続人が執行しても良いものあります。

なお、遺言執行者には、遺言で指定を受けた者や家庭裁判所が選任した者がなりますが、通常は予め遺言によって信託銀行や弁護士などの専門家を指定することが多いです。

なお、未成年、破産者は、遺言執行者になれません。