遺言の記載方法による相違

遺言の記載において「相続させる」と書いた遺言と「遺贈する」と書いた遺言には、いくつかの相違点があります。

「相続させる」遺言とは、

例えば、遺言書に「特定の財産を特定の相続人に相続させる」と記載された遺言を言います。

「遺贈する」遺言とは、

例えば、「特定の財産を特定の相続人に遺贈する」と記載された遺言を言います。

一般的には、「相続させる」遺言を用いることが通常で、次の相違点があります。