遺言書の検認

公正証書遺言以外の自筆証書遺言と秘密証書遺言については、家庭裁判所での遺言書の検認が必要です。

検認とは、家庭裁判所が遺言書としての形式やその他の状態について法律的に整っているどうかを調査・確認しその保存を確実にするための一種の証拠保全手続きです。つまり、「この文書は確かに遺言です」ということを家庭裁判所に認めてもらうための手続きといえます。

したがって、検認は、遺言内容が有効か無効かを実質的に判断するものではありません。

具体的には、遺言者の保管者(保管者がいないときは遺言書を発見した者)は、相続の開始を知った後、遅滞なく、遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければなりません。

また、封印のない遺言書は相続人が自由に開封できますが、封印してある遺言書は家庭裁判所で相続人の立会いのもとで開封しなければなりません。