遺言の撤回と変更

遺言は遺言者の最終意思を尊重する制度なので、遺言者がいったん遺言を作成しても、自由にいつでも全部または一部を撤回したり変更したりすることがでます。

その際、必ずしも先に作った遺言の方法によって撤回や変更をしなければならないというわけではなく、異なる方法でも行うことは可能です。

また、前後の遺言の内容が食い違っていたり、遺言をした後にその財産を処分したりした場合は、もとになる遺言の内容に抵触する部分について撤回したものとみなされます。