遺贈

遺贈とは、

遺言により相続人以外の者に財産の全部または一部を無償で与えることです。この場合において、遺贈により財産を受取る者を受遺者といいます。

遺贈には、受遺者に相続財産のうち特定の財産を与える「特定遺贈」と、相続財産の全部または一部の割合を与える「包括遺贈」とがあります。

なお、遺贈は、遺言者が単独で出来る行為であり、死因贈与とは異なります。